観光する際の宿泊手段の種類

img-1

一口に観光旅行といっても様々なパターンが存在します。

温泉、街歩き、グルメ、スポーツ、お買い物といった目的によるものもありますし、日帰りや一泊二泊程度のもの、長期にわたるものなど日程的なものもあります。
日帰りの場合は問題にはなりませんが、泊りが入ってくると宿泊場所を考えなければなりません。

スノボのツアー情報を集めたサイトです。

最も一般的なのは、現地で宿をとり宿泊するものです。

富士急ハイランド情報に精通したサイトです。

どのような宿を選ぶかということについてはその旅の目的次第です。街歩きやグルメ、買い物目的であれば街中のホテル、旅館が便利です。

スノボーのツアー情報選びをサポートします。

さらに温泉もと欲張る向きには、比較的都市に近い温泉地や都市内に湧出する温泉、さらには大規模な温泉地を選ぶということも考えられます。

京都バスツアーに関する情報の一覧です。

スポーツの場合はその施設なり地域に近い宿という取り方になるでしょう。

登山などの場合は山小屋かテント泊かという選択肢があります。また民宿というのも、整った設備やサービスよりも、食事に重きを置きたいというグルメ観光派には人気の宿泊施設です。

旅仲間募集情報が手に入ります。

旅行が長期にわたる場合、多くの場所を周遊する場合は上記に準じた選び方になりますが、滞在型になると別の視点が必要になります。

毎日の食事に飽きることがないか、というのは重要です。


同じ食事を出さない施設を選んだり、近所に充実した飲食店街がある施設は魅力的です。


また施設内にいくつも飲食店を持つリゾートや、キッチン付きのコンドミニアムも滞在型観光には適しています。

また特に長期旅行の際に重要になってくるのが費用の面です。

http://www.yomiuri.co.jp/project/mirai/refresh/jtb_sp01.html

最近では二段ベッドが並ぶドミトリータイプのゲストハウスも増えてきています。

http://www.47news.jp/keizai/news_report/2016/09/387575.html

設備はシンプルですが、安価であることはもちろん、無線LAN完備であったり凝ったインテリアが外国人や若者に受けています。
究極の手段としては、夜行バスやフェリーを使うものです。


移動と宿泊を兼ねる一挙両得の効果があります。

スマートフォンなどの内蔵カメラの性能が上がった結果、今では観光地でカメラを持っていない人を探す方が難しい状態になっています。すべての観光客がカメラマンという時代になりましたが、せっかく撮ってはみたものの、再生してみると思ったように撮れていなかったりといった失望があることは昔と変わりありません。

要はカメラの性能ではなく、撮り方なのです。

観光写真を上手に撮影して良い思い出を残すためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。
観光写真で大事なのは、とても当たり前なことなのですが、どこに行ってきたのか、何を見てきたのかがわかるという点です。

http://girlschannel.net/topics/627496/

もちろんそれだけでは面白くないので、きれいに撮る工夫としては、人物と共に撮影する際には全身を入れることにこだわらず、腰から上、胸から上といったアングルで、表情がはっきりとわかるような構図にするのが良いとされます。狭い場所で被写体との距離がうまく取れないときは、カメラを持ち上げたり、しゃがんだりして上下の動きをつけると、メリハリの効いた写真になります。
また背景にこだわるあまり、手前の人物が黒くつぶれてしまうようなときは、昼間でもフラッシュを光らせましょう。
また積極的に動き回って、様々な構図を試してみるのも面白い写真を撮るには必要なことです。デジカメは昔の銀塩カメラのように現像料がかからないので、とにかく数を撮りまくると、それだけ良い写真が写っている可能性が高くなります。
そのためには同行者にポーズをとらせる記念撮影だけでなく、行動中のちょっとした仕草や表情を捉えたスナップ写真もたくさん撮影しておくことです。そのようなスナップ写真こそが、後日思い出を語る際の、またとないツールとなるのです。


関連リンク

img-2
観光地を効率的に回るためにする工夫

自家用車やレンタカーを用いる場合には別なのですが、バスや電車などの公共交通機関を利用して観光地を回る場合には、工夫が必要になります。というのも、公共交通機関にはあらかじめ定められた時刻表があり、利用する場合にはそうした時刻に合わせて行動する必要があるためで、不必要な待ち時間を浪費してしまい、観光地を回れなくなってしまう場合があります。...

more
img-2
観光する際の宿泊手段の種類

一口に観光旅行といっても様々なパターンが存在します。温泉、街歩き、グルメ、スポーツ、お買い物といった目的によるものもありますし、日帰りや一泊二泊程度のもの、長期にわたるものなど日程的なものもあります。...

more
top