観光をきっかけに人生をたのしもう

img-1

観光ツアーに参加すると、なんとなく連れていかれた先で、いろいろなたのしみを体験することができます。

たとえば、グルメなら、その地のおいしいものをたべられたり、体験型のイベントに参加することができる場合もあります。

全て観光ツアーに含まれているため、料金なども加算されず、すべて気楽。



そういった旅の仕方というのは、心を休める時間ともなり一日穏やかに過ぎていくこととなります。



とはいえ、やはり旅に出るという事ならば、一つぐらいは目星をつけて、自分自身の思い出になるような体験ができる様に、気を張ってみるというのもいいのではないでしょうか。
たとえば、グルメに絞って着目すると、食べ放題のランチがツアーについているという事があります。



そういったときに、自分の好きな食べ物をどのぐらい食べられるかという事を目標にしてみるというのもいいですし、バイキング会場の料理をすべて制覇してみるというのも楽しい目標になりそうです。



また、風光明媚な場所を散策という事が、行程表に入っているのであれば、そこで素敵な写真を取るというのを目標にしてもいいのではないでしょうか。

三脚を持って、こだわりの一眼レフの状態を前日に確認するのも良いですし、これを機会に、新しいカメラを購入してみようという気持ちが出てくるかもしれません。観光ツアーに参加するということをきっかけにして、日々の生活に、ちょっとしたアクションを起こすというのはやはり、変化があってより人生を謳歌できるチャンスともなりえます。



絶景を眺めたり、おいしいものを食べたり、歴史に触れたり、と観光地めぐりは楽しむポイントがたくさんあります。

それだけに、計画的に回らなければ、混雑のため身動きが取れなくなったり、1時間並んで入ったお店の味が良くなかったり、とさんざんな目に遭うこともしばしば。

効率よく観光地を楽しむにはどうすれば良いでしょうか。

まずは、下調べをしっかりしておきましょう。
人気スポットなら、修学旅行や大型連休を避けましょう。テーマパークや遊園地などはホームページを調べると期間限定イベントや割り引きクーポンを発行している場合があります。特に開始時間や終了時間、定休日は入念に調べましょう。次に、スケジュールはある程度余裕をもって組みましょう。



失敗しがちな例として、インターネットで電車やバスの時間を調べることができるためギリギリの時間で旅の予定を組んでしまい、いざ当日に電車が1本遅延したために計画がおじゃんに…といった経験がある方も多いでしょう。予定が狂った時用に、2〜3候補用意しておくことが大切です。
そのためにも観光地は1日につき1〜2箇所に留めるといったことも大切になります。たくさん盛り込みたいところですが、欲張りすぎないようにしましょう。


また、そういった計画の補助として、旅のしおりを作るのもひとつの手です。作っているうちに「ここは無理があるんじゃないか」と冷静に判断できたり、当日スマートフォンで調べたりする手間やバッテリーの心配もしなくて済みます。



入念に、かつ余裕をもって、がテーマです。



関連リンク

img-2
観光地を効率的に回るためにする工夫

自家用車やレンタカーを用いる場合には別なのですが、バスや電車などの公共交通機関を利用して観光地を回る場合には、工夫が必要になります。というのも、公共交通機関にはあらかじめ定められた時刻表があり、利用する場合にはそうした時刻に合わせて行動する必要があるためで、不必要な待ち時間を浪費してしまい、観光地を回れなくなってしまう場合があります。...

more
img-2
観光する際の宿泊手段の種類

一口に観光旅行といっても様々なパターンが存在します。温泉、街歩き、グルメ、スポーツ、お買い物といった目的によるものもありますし、日帰りや一泊二泊程度のもの、長期にわたるものなど日程的なものもあります。...

more
top