東京で人気の観光名所が密集する秋葉原周辺

img-1

東京の秋葉原周辺の地区には、国内外の観光客に人気の名所が数多くあります。

友達募集に関する口コミ情報を募集しています。

この地区の中心部にある秋葉原駅は、山手線や総武線の列車が乗り入れする交通の要衝です。
秋葉原駅の西側にある電気街は、この地域を象徴するような観光名所です。


電気街としての勢いは昔ほどではありませんが、今でも昔懐かしい無線の専門店などが軒を連ねています。
電気街は近年になるとオタク文化の中心地となり、新たな魅力を持った名所に生まれ変わりました。

スキーの日帰り情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

秋葉原駅の南西側を流れる神田川は隅田川の支流で、江戸時代の昔から渓谷美が有名な観光名所です。

日帰りスキー情報探しのサポートをいたします。

神田川は江戸時代初期に人工的に開削された河川ですが、現在の都市景観と見事に調和しています。



秋葉原電気街の入り口の一つとなる万世橋は、1930年に竣工したアーチ橋です。


万世橋からは、明治時代後期に作られた万世橋高架橋を眺めることができます。
万世橋高架橋のレンガアーチの中は、商業空間として利用されていて、観光名所として賑わっています。
御茶ノ水駅の目の前にある聖橋は1927年に竣工したもので、美しいアーチが特徴です。



聖橋の名前の由来となったニコライ堂や湯島聖堂も観光名所です。

https://news.nifty.com/article/technology/mobile/12158-20161018038/

湯島聖堂の北側にある神田明神は、江戸の町の総鎮守として崇められた神社です。
神田明神はパワースポットとしても人気が高い名所で、初詣の参拝者数も多いことで有名です。
ニコライ堂から南側へ進めば、スポーツ店街や古書店街がある靖国通りとなります。
東京の品川駅周辺では再開発が活発に行われていて、既存の観光名所の価値を高める効果が期待されています。現在の品川の街は近代的な景観となっていますが、江戸時代からの歴史を有する名所が数多く残っていることも特徴です。この地域は江戸時代には東海道の品川宿があった場所であり、創建から1200年の歴史を有する品川寺の存在は古くから知られていました。


品川で人気の観光名所として、赤穂浪士の墓があることで有名な泉岳寺は特別な存在です。

泉岳寺が創建されたのは江戸時代の初期ですが、品川に移ってきたのは寛永の大火で堂宇が被災してからのことです。

http://news.mynavi.jp/series/airline/010/

泉岳寺は江戸にある寺院の中でも特に格式が高く、庶民からも篤い崇敬を受けました。

現代では忠臣蔵の時代劇が大好きなファンが熱心に通う寺院として、一年を通して賑わいを見せています。


泉岳寺には赤穂義士記念館が併設されていますから、忠臣蔵の歴史を知るために役立っています。


品川は水運が盛んな地区でもあるため、現在でも屋形船の船着場が残っています。

品川浦から屋形船に乗船する観光客も多いのは、水辺の景色を眺める環境に恵まれているからです。

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO03709190W6A610C1TI1000/

かつては漁師町として栄えた場所ですが、現在では江戸風情を屋形船に乗船しながら楽しめる場所へと変化しました。

品川駅の周辺には数多くの運河があり、散策スポットに恵まれています。


お台場からレインボーブリッジを徒歩で渡って、品川までハイキングを行うこともできます。

運河沿いの歩道は快適ですから、観光を楽しむためにも最適です。


関連リンク

img-2
観光地を効率的に回るためにする工夫

自家用車やレンタカーを用いる場合には別なのですが、バスや電車などの公共交通機関を利用して観光地を回る場合には、工夫が必要になります。というのも、公共交通機関にはあらかじめ定められた時刻表があり、利用する場合にはそうした時刻に合わせて行動する必要があるためで、不必要な待ち時間を浪費してしまい、観光地を回れなくなってしまう場合があります。...

more
img-2
観光する際の宿泊手段の種類

一口に観光旅行といっても様々なパターンが存在します。温泉、街歩き、グルメ、スポーツ、お買い物といった目的によるものもありますし、日帰りや一泊二泊程度のもの、長期にわたるものなど日程的なものもあります。...

more
top