小さな子供を連れての家族旅行

img-1

家族旅行はとても楽しいものです。


家族の絆が強まりますし子供にとっても良い思い出となります。

では、小さな子供を連れての家族旅行を存分に楽しむためにはどうすればいいでしょうか。
それは、子供が喜びそうなところを選ぶことです。


例えば、由緒ある観光名所巡りや、歴史建造物などは小学校に入った子供であればある程度楽しめるかもしれません。
しかし2〜3歳くらいの幼い子供にとってはあまり興味がないかもしれません。
それで、幼い子供が喜びそうなところを選びましょう。
例えば、馬や羊やウサギとふれあうことができるような所ですと幼い子供は大はしゃぎでしょう。

さらにはテーマパークもおすすめです。
ぜひ、子供の目線で行き先を選びましょう。
幼い子供を連れての家族旅行を楽しむ別の方法は、現地までの距離です。

あまりに遠いところですと子供たちは途中で飽きてしまいます。特に車で行く場合、連休に引っかかると大渋滞する場合があります。

狭い車中での長時間は幼いこどもにとったらストレスです。
それで、幼い子供たちの負担にならない距離のところを選びましょう。

しかし、もし遠くに出掛けるのであれば、子供たちが移動中あきないように、お気に入りのおもちゃを持参したりさらには休憩をこまめに何度もとるようにすると良いでしょう。
幼い子供を連れての家族旅行はとても大変ですが、子供にとっても親にとっても忘れられない思い出となります。

ぜひ、家族旅行を楽しみましょう。家族旅行に行きたいけれど、子どもが小さくて行けないと我慢してはいませんか。

子どもがいても、準備をしっかりしておけば、楽しく家族旅行は出来ます。

公共の乗り物を利用する際には、その時間に眠ってくれるよう工夫をすると、周りに迷惑をかけて肩身の狭い思いをすることがなくなります。いつもより早く起こしたり、乗り物に乗るまで沢山歩かせて疲れさせる。
眠る少し前にはお腹を満たして、お腹が空いて目が覚めた、ということがなようにするとよく眠れます。


普段はお菓子はあまり与えないようにしているご家庭では、旅行だからと特別にお菓子を解禁すると、お驚くほどまがもちますので、切り札として検討してみてください。

新品のおもちゃまたは、普段のおもちゃをしばら仕舞っておいてだすと、新鮮さで遊んでくれます。車で移動の場合は、運転手は大変ですが深夜移動がお勧めです。
寝ていてくれる間に一気に目的地へ。

運転手がお昼寝をしてからでないと夜中辛いので、仮眠を取ることをお忘れなく。ホテルをとるときは、ベヒーベッドを貸してくれるところもあるので、事前に確認を。


ファミリーダブルのような大きなベッドのお部屋もあるので、親も広々眠れるこちらはお勧めです。
子どものことばかりになってしまいましたが、せっかくの旅行。


大人だって楽しみたいですよね。


食事の間子どもを見ていてもらえる託児付きの宿もあります。子どもを、横のキッズスペースで遊ばせてくれ、大人はゆっくりお食事を、楽しめます。
せっかくの家族旅行。

沢山の笑顔の旅行になるといいですね。

話題になっている富士急ハイランドバスの情報を見つけよう。

基本も充実した旅仲間募集関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

スノボの日帰り情報探しのヒントをお教え致します。

友達募集にまつわる情報をまとめています。

富士急ハイランドバスの情報をご案内しているサイトです。

http://rocketnews24.com/2013/01/08/281206/

http://matome.naver.jp/odai/2138511801867482901

https://news.nifty.com/article/technology/mobile/12158-20161018038/

関連リンク

img-2
観光地を効率的に回るためにする工夫

自家用車やレンタカーを用いる場合には別なのですが、バスや電車などの公共交通機関を利用して観光地を回る場合には、工夫が必要になります。というのも、公共交通機関にはあらかじめ定められた時刻表があり、利用する場合にはそうした時刻に合わせて行動する必要があるためで、不必要な待ち時間を浪費してしまい、観光地を回れなくなってしまう場合があります。...

more
img-2
観光する際の宿泊手段の種類

一口に観光旅行といっても様々なパターンが存在します。温泉、街歩き、グルメ、スポーツ、お買い物といった目的によるものもありますし、日帰りや一泊二泊程度のもの、長期にわたるものなど日程的なものもあります。...

more
top