任意整理は弁護士と相手方が交渉を行います

###Site Name###
TOP > 任意整理は弁護士と相手方が交渉を行います

債務整理の方法の1つとして、任意整理というものがあります。
任意整理を行うときには借り入れをしている金融業者と直接交渉を行う必要があることから、専門家である弁護士に依頼するのが一般的です。


任意整理は自己破産のように裁判所を経由する手続きではなく、弁護士に依頼することで債権者である消費者金融やサラ金などと交渉をして、利息や支払金額の減額をしてもらうことになります。

弁護士の無料相談情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

負債を圧縮させることで、返済が可能な状況にする債務整理の手続きとなります。

知って大満足の法律の相談を知るならこのサイトです。

債務者個人が手続きを成立させることも不可能ではないと言えますが、交渉相手は消費者金融やサラ金となりますので、本人が交渉をしても成立させることが難しいです。



弁護士が介入して話し合いをしたときには、債務者の収入を計算して3年ほどの期間で完済を目指すことになります。

一般的には、5年以上の返済計画であれば債権者が交渉に応じない可能性が出てくるために、和解が成立しないときには自己破産について検討する必要があります。
返済計画を立てるときには、収入から家賃や必要経費にかかる費用を差し引いた額のうちの3分の1を返済するためのお金に充てて、残りの3分の2で生活することになります。

この計画で返済していくことが難しいと判断されるときには、自己破産の手続きを進めることが現実的な解決策になると言えます。自己破産を行うときには地方裁判所に申し立てをして、免責が認められれば借金が帳消しになるので、債権者と交渉する必要は無くなります。